「間違ったフォームの筋トレはしないほうがいい」ってこともない

「間違ったフォームの筋トレはしないほうがいい」ってこともないtc1

 
筋トレをするにあたって、とっても大事とされるフォーム。
専門家によっては「間違ったフォームで筋トレするくらいなら、やらない方がイイ」とまで言われます。

『タダスル』ではいろんな運動動画を紹介していますが、中には”筋トレ”と言えるプログラムも数多くあります。
でも、『タダスル』の運動・筋トレにおいては、フォームなんて気にしなくていいと管理人は思っておりますので、ここにその考えをまとめておきます。

フォームが大事な理由

「フォームが正しくないと意味がない」と言われる理由はザックリ以下の通り。

狙った筋肉に効かせることができない

フォームについて3
動作フォームによって使われる筋肉が違ってきますから、フォームが正しくないと思っていた筋肉とは違う筋肉にたくさん刺激がいってしまいます。

「お尻に効かせたいトレーニングなのに、前モモばかり使ってしまい、太ももが太くなっちゃた」なんて話もありますね。

ケガをしてしまう

フォームについて1

  • 間違ったフォームだと一部の筋肉に過剰に負荷がかかってしまいケガをする。
  • あるいは、その負荷のかかり過ぎた箇所をかばうために、他の筋肉に負荷が偏ってケガをする。
  • またはその両方でケガをする。

至極ごもっともな理由で、文句のつけようがありません。

気にする必要がないと理由3つ

フォームについて2
筋トレにフォームが大事なことは管理人も理解しています。
ただ、それはウェイトトレーニングなどの重たくて強い負荷の場合で、『タダスル』的にはフォームを気にし過ぎることはないと思っています。
その理由を以下に挙げていきますね。

細かい筋肉を狙う必要がない

狙った筋肉に効かせるなんて、ボディビルみたいに誰かに見てもらう体を作るためには大事なことでしょうが、自宅で健康的に体を動かす程度ならどうでもいいことです。

基本的に体はいろんな筋肉が連動して動きますから、ちょっとフォームがズレていても狙った筋肉が全く刺激されないとは考えにくいです。
フォームによっては多少負荷のかかり具合に違いが出るでしょうが、大まかに動かしたい筋肉が刺激され、動かすことにより衰えや機能低下を防止できればOKです。

体幹トレーニングのようなバランス系動作でも、フォームによっては難易度がかなり違ってきますが、できる人はしっかり、できない人は多少崩れてもやろうと努力することが大事かと。

ケガするような負荷じゃない

筋肉を大きくしようとするなら、それなりに大きな(重たい)負荷でのトレーニングが効果的と言えます。
ただ、そのせいでフォームのズレがケガにつながりやすくなります。

一方、当サイトで紹介している筋トレは基本的に自分の体一つで行い、重たい負荷がかかる道具は使いません。
なので多少フォームが崩れても大きなケガにはつながりにくいし、事故の可能性も低い。
不快感があれば止めればいい。

最も大事なことは”する”こと

「ちゃんとしたフォームでできないならやらないほうがいい」
そんなこと言われたら、わざわざ筋トレなんてツラいことやろうと思いません。

そもそも、正確なフォームで筋トレってかなり難しいこと。
日々トレーニングするアスリートでさえトレーナーに見てもらいながらやっているのに、素人が完璧なフォームで筋トレするなんてハードル高過ぎです。

フォームはもちろん大切なことですが、最優先は”する”ことです。
正確でないフォームのせいで多少効果を犠牲にすることもありますが、ハードル高過ぎて動かないくらいなら、フォームがメチャクチャでも体を動かしたほうがマシです。

まとめ:フォームは気にするな

目的によりけりではありますが、少なくとも当サイトで紹介する運動・筋トレに関してはフォームを強く気にする必要はありません。
筋肉がモリモリ大きくなるようなことはありませんし、痛みや違和感があったら止めればいい。
代わりのもっと手軽で安全な運動もたくさんあります。

フォームを気にするのは、ある程度習慣ができて、さらに高い目標ができてからでいいんです。
まずは見た通りマネして動いてみましょう。

さて、まずは”する”が最優先。運動動画を探してみましょう
YouTube見ながらする運動動画を探す