ヨガの先生直伝 アレを押すだけで硬い肩まわりが柔らかくなる術

ヨガの先生直伝 アレを押すだけで硬い肩まわりが柔らかくなる術

 

いきなりですが、これ、できますか?
肩の柔軟性確認_3615

肩まわりの柔軟性を確認したりストレッチによく使われる動作です。
肩まわりが硬く、肩こりや首こりにお悩みの方は、この背中越しで左右の手をガッシリ組む動きは難しいんですよね。

でも、そんな硬い肩の持ち主でも、簡単に柔軟性を改善して両手で掴めるようになる方法を、当サイトでも運動動画を多数紹介させてもらっているJapanese Yogaさんが教えてくれています。

Japanese Yoga
ヨガインストラクター養成学校を経営されている、つまりはヨガインストラクターのためのインストラクター・夏未さんのYouTubeチャンネルです。
ヨガインストラクターに教える立場にあるので、ヨガ経験者向けに難易度高めな動画がある一方、初心者向けや、体の状態に合わせたヨガプログラムを多数配信されています。

このクリエイターのYouTubeチャンネルへ

このクリエイターの他の動画紹介記事

関係ないけど、ワンちゃんが可愛いぜ

具体的なポイントは下の動画で確認した方が確実ですが、ザックリまとめますと、

鎖骨まわりを押すだけ。

「手を繋げた」コメントが続々

YouTubeのコメント欄には肩の状態が改善した喜びの声が続々と届いている模様。

実は管理人も、日々いろんな運動動画で肩を動かしているハズなのに手を繋げない側がありまして…でも、この動画と同じことをしただけでできない方でも手を繋げました。

続けましょう

もちろん、これ一発で肩が柔らかくなるってものでもなくて、この動画のように

  • 鎖骨まわりを押して
  • 背中越しで手をつなぐ動作でストレッチして
を日々続けていくことで柔らかい肩をキープできるのでお間違えなく。

肩甲骨まわりの状態が硬かったり動きにくかったりすると、姿勢や肩こりを引き起こしたり、肩まわりの不調が巡り巡って腰や膝なんかにも影響するという説もあったりします。

反対に肩まわりがラクになると、頭を支え続けている首がラクになり日々のストレスや疲れを軽減できる、なんて話もあるので、とにかく肩まわりをスムーズに動かせる状態であって損はないので、ちょくちょくやるとよろしいかと。

コレじゃなくてもいい

背中越しに両手を繋げることが肩の状態を良好に保つのに必須というわけではありません。
この動画の動作でなくても、定期的に肩をしっかり動かして血流をよくするだけでもかなり状態は違ってくるハズ。

下のボタンから肩をしっかり動かす運動プログラム動画をたくさん紹介していますので、自分に合いそうなやつを探してみてください。

YouTube見ながらできる肩の運動動画