お尻、股関節を柔軟にする2つのストレッチ動作はスポーツしない人も覚えて損ナシ

お尻、股関節を柔軟にする2つのストレッチ動作はスポーツしない人も覚えて損ナシ

 
お尻の筋肉が硬い人が多いそうですね。
運動不足が主な原因ですが、洋式トイレが普及して和式トイレを使わなくなったことが一因との説もチラホラ。

そんなカチカチなお尻を柔軟にするために、野球の指導動画で人気のYouTubeチャンネル『JBS武蔵』が紹介してくれているストレッチがいい感じです!

その動画がコチラ

動くためのお尻のストレッチを紹介

この動画では、お尻の柔軟性を改善するストレッチ動作を紹介しています。

スポーツをする上で重要なパワーポジションと呼ばれる態勢がありまして、要はちょっと前傾姿勢。
この態勢が前後左右上下、全ての動作に素早く力強く対応するのに適した体の姿勢とのことです。

t7804_4
 
そのパワーポジションを作るためには、股関節を折りたたむことがポイントとなります。

t7804_3
 
そしてお尻が硬いと股関節をうまく折りたたむことができないということで、お尻の柔軟性に効果的なダイナミック(動きのある)ストレッチを2つ紹介しています。

t7804_5
t7804_6

ストレッチ1:ドロップランジ

足を後ろに引いてお尻と太もも裏の筋肉を伸ばす動作。

  • つま先は正面
  • 膝がつま先よりも前にでないように
  • 背中はまっすぐ
ドロップランジ_7804

ストレッチ1:クロスオーバーランジ

足を前に出してお尻と太もも裏の筋肉を伸ばす動作。
ポイントはドロップランジと同じく、

  • つま先は正面
  • 膝がつま先よりも前にでないように
  • 背中はまっすぐ
クロスオーバーランジ_7804
 
細かい注意点・ポイントは動画内で詳しく解説されていますので、要チェック!

運動しない人もすべし

「パワーポジションがどうの」ってことで、チャンネルの趣旨に沿った野球選手に向けた内容となっていますが、動作は簡単ですから運動しない人でもできますよね。

お尻の筋肉の状態は立ったり歩いたりといった生活動作にも直結しますから、野球やスポーツ現場に限らず、あらゆる人がこのストレッチを取り入れるべきかと。