キツ過ぎずラク過ぎず【スクワット100回】できる動画

キツ過ぎずラク過ぎず【スクワット100回】できる動画

 

この動画をタダスル!
※動画は、0:16のウォーミングアップから再生されます。
※言葉がわからなくても大丈夫。見たとおりマネするだけです。

こんな動画

この動画は、YouTubeチャンネル『Koboko Fitness』より、スクワット100回プログラムです。

動画冒頭に10秒だけウォームアップした後、スクワット5種目を各20回ずつ、計100回行います。(うち1種目は20秒キープする動作で、1秒を1回とカウント)
種目間に休憩はありませんが、次の動作の説明が20秒ほどあり、実質休憩タイムになっています。
アップや動作説明、スクワットの時間を含めて運動時間は約5分間です。

クリエイター / インストラクター

Koboko Fitness 海外 英語 女性インストラクター

クリエイターのYouTubeチャンネル

内容

おしり 太もも 5分以内 筋トレ マットなくてもOK 立ってする種目だけ 振動・騒音1 ★☆☆ (1/3) 難易度 ★★☆☆☆(2/5)

動画の流れと動作の確認

0:00~
オープニング
0:16~
ウォーミングアップ
0:27~
運動開始、1種目目×20回
1:28~
2種目目×20回
2:15~
3種目目×20秒
2:57~
4種目目×20回
4:15~
5種目目×20回
5:04~
フィニッシュ&クロージング

やってみた感想・レビュー

管理人オータ

各種目20回ずつで「そろそろキツくなってきたな~」というところで動作が止まので、キツ過ぎずラク過ぎず、ですね。
「これから筋トレに挑戦していきたい」「大きくてプリっとしたお尻がほしい」という人の入門編にピッタリな動画です。

余裕があったら2周目にいって【スクワット200回】に挑戦してもいいですし。
 
2種目目のジャンプスクワットが比較的負荷が強いので、ここでジャンプするかどうかでプログラム全体の強度を調整できそうです。
下半身に残るダメージに結構差が出ますから。

また、運動による振動に関しても、この2種目目のジャンプをするかしないかで全然違うので、体と環境の状況によってジャンプを使いわけるとよろしいかと。